Take it easy.

SIerの話を中心に気になったこと等書いていくつもり。

IT企業に勤める際の資格取得のメリットや手当て

スキルアップの一例として語られがちな資格だけど、これがどう評価されるんだろうと疑問に思った。

例えば手当とかどのくらいの会社が支給してるのかなとか。


IT企業勤めなら情報処理技術者試験が一般的かと思うので、これについて書いてみます。
私も基本情報と応用情報までは取りました。この辺は結構みんな持ってるんじゃないかと思うけど。

資格取得のメリット

メリットその1:お金がもらえる

例として以下。

next.rikunabi.com

 資格手当とひと口にいっても、大きく分けると、毎月一定の金額が基本給以外に支払われる純粋の意味での「資格手当」と、資格取得の際に金一封のように一時的に支払われる「合格報奨金」の二つがある。今回の調査の結果、「資格手当」「合格報奨金」が何らかの形で支給されている人は全体の41%ということだった。

http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000238


4割程の企業が金銭面での評価を行っているとのこと。

6割くらいあるものかと思ってた。

お金もらえる会社なら受けていいのでは?
持ってて不利になることは少ないと思うし。



メリットその2:社内の査定に有利

これはほかの会社の友人等の話などから。

昇格に一定の資格取得を要件とする会社があったり、昇進時に資格を考慮する会社もあるとのこと。
まぁ一般論的に考えても、昇格させる役職とか仕事にもよるとは思うけど、
能力、年齢、人となり等々が同じような人が2人いて資格の有無くらいしか違いがなければあるほうを選ぶっていうのはあり得るなと思える。
但しそれなりに見合った資格でないと評価はされないと思う。(基本情報くらいだとね。。)


メリットその3:就活で有利

メリットその2と同じような話。
自分の印象としては、学生なら

  • 基本情報 → 「まぁ一応IT知ってるんだね」くらい
  • 応用情報 → ぼちぼちやるやん
  • 高度情報(アーキテクトとかプロマネとか)→ すごい
  • (例外)ITパスポート → 高校卒なら書いてもいいけど・・


学歴フィルターにひっかかりそうな場合は応用くらいあると有利な感じ。
ただ、メリット1の資格取得報奨金は入社後に資格取得した場合しか支給しない会社もあったりする。
そこは入りたい会社の制度をチェック。

自分は入社前は基本情報くらいしか持ってなかった。


中途採用の場合は年次にもよるけど最低応用くらい必要。
高度情報あればなかなかやるねって感じ。

これは以前キャリアコンサルの方と話しててお伺いした意見。


おわりに

↓以下他業界の例。
president.jp


一応ITに限らず。英語とかでも報奨金出るとかいいね。
30万は結構大きいな・・
この辺は会社勤めのメリットかと思います。
自分は応用の午後とかはほぼ無勉でいけたので、業務経験がついたころに受けるなら割はいいかなって思いました。