読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take it easy.

SIerの話を中心に気になったこと等書いていくつもり。

SIerランキングの信憑性と確かめ方。会社の実力の簡単な見分け方。

SIerランキングっていうものがある。

例えば以下。

SI業界総合ランキング 2017年度版(全企業リンク付き) – IT企業ランキング便り


2chとかによく張られてるやつ。

  • 相変わらず誰がどうやって決めてんのか分からないし
  • 何をもってSランなのか、何ができればAランなのか

とかまぁ分からんことがいっぱいあるような感じの。


へーそうなんだ

くらいに見るのが一番いいんだけど、最近意外とバカにもできないのかと思えてきた。
特に就活生なんかは会社選びの基準とかあんまりないから、こういうの参考にしてしまうわな。。と思うけど、もうちょっとそれなりの見方もある。

どういう会社を求めてるかによるかもね。

見分け方


単純。1人当たりの売上を求める。(売上高÷従業員数)



学生のような言い方をすれば大体3000万が良い会社の目安。
良いっていうのは

  • 平均給与、福利厚生
  • 働き方への配慮

等従業員に対して良きに計らおうという会社である可能性が高いということ。


金銭的にカツカツの会社ほど従業員を馬車馬のように働かせるのは普通の話。


以前、このへんで見積の話を書いたけども、
chococranky.hatenablog.com


SIerが人月ビジネスをしている以上、1人あたりの単価が高いほうが会社の売上も高くなる。

ただポッと出の会社がうちの社員は単価300万です!っつっても見向きもされない。
1人あたりの売上が高い = 高単価で人を売れているという会社でもあるので、こうした会社は

  • 1人あたりの実力が高い
  • 高単価職種(主にコンサル、プロジェクトマネージャ)の割合が高い
  • 単価が高い分給与も高い

傾向にある。

または、直外比(直社員1人に対して付く協力会社の人数)が高い会社は売り上げが高い。
売上が極端に高い場合は直外比が高いと見てもいいかも。



余談だけど、会社選びの時は、会社ごとに

  • 事業所の数と場所
  • 手を出してる分野
  • 財務系情報(売上伸びてるかとか有利子負債の額とか自己資本比率とか)

を見れば、海外転勤があるかどうかとか、潰れたり買収されるリスクの高さ等、なんとなく入社後のイメージが沸くはず。


見分けてみた

とりあえずランキングの中からSIer専従の会社を各ランクからピックアップして計算してみた。
というかこのランキング外資とかベンダーとか入ってるもんだからその辺は半分除外して考えないといけないけどめんどい。
土俵が違う感が・・


f:id:chococranky:20170325205509j:plain
平均年収は年収ラボさんからデータ集めさせて頂きました。
http://nensyu-labo.com/

赤字部分が指標。
まぁ完全比例ではないけどもうちょっとデータ細かく取ればランキングと1人当たり売上に正の相関が見えるかも。
って考えると意外とバカにできないな。


NTTデータは連結社員数が多すぎ。ちょっと異常値として扱いたくなるレベル。
データ子会社とかほとんど開発メインの会社だろうから、単体で見ればもうちょっと上がるかもね。
逆にデータ子会社の場合単価は低いはず。

伊藤忠テクノはやたら売上高いけど直外比どうなってるんだろう。
野村総研より単価高いという話は聞いたことがないから、人月の枠を超えるビジネスも持ってるんだろうか。
とかいろんな想像が見えてくる。面接なんかで聞いてみてもいいかもしれない。


もうちょっと詳細な見分け方

  • 1人当たりの売上が高い会社は高単価職(コンサル、PM等)の割合が高い、または割のいいビジネスを持っている会社。
  • 低い会社は低単価職(プログラマ、単純作業系)の割合が高い。

1人当たりの売上と平均年収は難しい。
年収が上がれば所得税率も跳ね上がるので、その辺も考えてくれている可能性もある。
あとは福利厚生とか本社所在地(間接費の高さ)とかも込みで考えないと見えてこないから。


ただ、1人あたり売上を年収が超えることは絶対ないことは想像容易いと思う。
富士ソフトに勤めてて年収1500万もらおうとしても可能性は非常に低いだろうと。。


よく言われる年収1000万であれば、ここにあるBランク以上の会社に入らないと可能性が薄そう。
しかしやっぱ野村総研は高いね。


というかSIerは平均給与それなりに高いほうだと思う。


そんな感じでした。